今回客演さんに インタビューをさせていただきました。

2人目はサモアリナンズの劇団員の家納ジュンコさん。
鈴真紀史、町田水城がお話を伺いました。

- - -

今日はよろしくお願いします。
家納
お願いします。
今回はえぎわに参加していただいてありがとうございました。
家納
もう終わったみたい(笑)
まだ終わってないですね始まったばかり(笑)実際やってみて稽古の雰囲気はどうですか?
家納
みんなの雰囲気が、なんだろう、独特なんだけど、自分の中の波長みたいなものとあんまり違わない。全然違うよと思われてたらごめん(笑)
奇遇ですね、私もそれをお二人(家納さん、村木さん)には感じていて・・・
家納
なんか、多分、はえぎわの皆が、過剰でもなく、無視でもない感覚で、客演にも、周りにも(接してくれてる)、そういう感じ。だから居やすい、ありがとうと思って。すごい、いい意味でうまく気を使ってもらってるって思います。
稽古の最初の頃、エチュード(即興劇)をちょろちょろやってたと思うんですけど、エチュード自体は普段やられないですか?
家納
あんまやったことないです。
でも全然平気な感じで、余裕でやられてる感じですが・・・
家納
余裕じゃない余裕じゃない!でも、(演出家に)質問とかしようかと思うんだけど、みんな誰もしないじゃない?(笑)みんな(設定とか演出を)1回しか聞かないでやりはじめるから、「あっ・・・何も・・・聞かないんだ」と思って(笑)それがすごいなと思って。「別に質問とかないです」って感じでやるから。
そうですね、ノゾエくんが割と特殊な演出するから、「ここで足広げながら喋って下さい」とか言われても、特に抵抗なく「はい」ってやるから・・・。
家納
うん、だからみんながそうだからすごいなって。
でも家納さんもそういうタイプじゃないですか?
家納
うん、多分あんまり考えない(笑)

- - -

では今回の役に関してはどうですか?
家納
稽古が進んでいけば変わっていくのかもしれないけど、でも今はなんとなくその中に、自然な感じでいようかなと思ってる。自然な流れに・・・、任せる。みんなに任せる。水城くんに任せる。
町田
俺に任せる?(笑)
一同
(笑)
水城と家納さんが(大人計画の)「キレイ」で共演した時は、結構話してたんですか?
町田
うん、一緒のグループだったから話しやすかった。稽古場の席も隣だったから。
家納
・・・なんかはえぎわってなんか自分の中では「高貴」ってイメージだから。
高貴?!
町田
頭いいって言ってましたね(笑)知的な?
家納
知的なイメージ。
町田
そこに身をゆだねたいって言ってましたね(笑)
一同
(笑)
家納
知的なわたしを見て欲しい。
一同
(笑)
家納
なんかね、敷居が高いと思ってた。だから、とてもじゃないけど、出たいなって言いたいけど、は?お前なに言ってるんだって言われるんだと・・・
何をおっしゃる・・・でも実際入ってみて敷居は低かったですか?(笑)
家納
そんなことないそんなことない、だから、怖かったの正直。でもその前に水城くんと会ってたってのがすごく、気持ち的に楽だった。
町田
「キレイ」観に来たときにノゾエ君が「家納さんて出てくれるかなあ」って、本番後に飲みに行ってすぐ言ってた。
家納
いや、すごい、嬉しい。ノゾエさんの世界観好きなので。
どういうところが好きですか?
家納
まだ今まで(作品を)4本くらいしか見てないんだけど、人がやってるエチュードとか見てても、「あー好きだなこういうの」って。それがどんなとこがって言われるとわからないんだけど。わからないんだけど、好きっていう、その感覚が楽しい。
私たちも家納さんの芝居見てるの楽しいです。
家納
それ、違う意味でしょー!
全然全然、そんなことない(笑)

interview_junko_2

町田
ノゾエ君の演出はどうです?
家納
(ノゾエ君が)凄いモノを見てるんだろうなーって思うんだ、私はね。多分凄い部分を見てて、そこにいくまでに、色々ホントむつかしい、わたしも作家じゃないからわからないんだけど、でもなんか、こんな所を見てるのかなーって思う部分がすごく、あたしが好きなとこって思うの、それはなんか説明できない、感覚的な感じ。好みが、好み。
好みが好み。趣向があうっていう・・・
家納
趣向が一緒かはわからない。 でもなんか、面白い世界観だなーって、それをみんながわかってやってるんだなーって。その劇団の団結力は感じる。
町田
家納さんはどういう役作り、というか、演じる上で気をつけてる部分とかありますか?
家納
ないなあ。
町田
そのまんま喋る?
家納
まずそのまんま喋る。そのまんま喋って、なんか引っかかったら、引っかかったと思う。でもやりながら喋っててしかわからないことの方が多いから、読んだだけではあんま私はわかんない。
町田
とりあえずやってみて。
家納
やってみて、うん。

- - -

体力作りとか何かされてたりしますか?
家納
犬の散歩。
犬の散歩?
家納
犬の散歩。いいのかな、こんな話で(笑)
町田
犬飼ってるんですねー。
家納
犬飼ってる。もー犬が大好きでー・・・。今いっちばん可愛くて・・・。 だから(芝居で)愛の表現をするとしたら、犬を思い浮かべる。
二人
(笑)
どういう感じでなんですか?きゃーー!♡って?
家納
ちょっと、言えない・・・。もっとリアルだから。
二人
(笑)
町田
役作りじゃないですか?それ。
家納
あ、じゃそれだね役作り!それにする。
犬だ!
家納
犬を使う。悲しみも、喜びも・・・。
町田
見えましたね。
家納
見えたね。
町田
引き出しは犬。
家納
そう、犬。うちの犬 ・・・どーしようこんなんで終わっちゃったらー!いい話とかしてないよ?! 犬バカっていうので終わっちゃったよ?
二人
(笑)
その前にも結構お話聞いてますよ?
家納
ほんとー?
町田
芝居見に来た人は家納さんが芝居してたら「ここは犬の・・・」って(笑)
一同
(笑)

- - -

じゃあ最後にこれを見ている皆さんにメッセージを。
家納
久しぶりに紙芝居を見るような、そんな風に観て頂ければうれしいです・・・いや、やっぱり、自由に観ていただいていいです。
じゃあ、トラム私初めてなんですけど、その私にアドバイスください。
家納
えっと、・・・楽屋が下だから、上までがんばって上がらないと大変だよ。
一同
(笑)
わかりました(笑)早めにスタンバイします。
家納
早めにスタンバイ。
ありがとうございます!

- - -

(ゲスト:家納ジュンコ インタビュアー:鈴真紀史・町田水城 2015年10月2日)

- - -

村木仁さんインタビューはこちら